スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tablet(or スマホ)のBluetooth子機 

前々から「こんなのあったらいいなー」って思っていたのを大体カバーした商品をみつけたの紹介。




GREEN HOUSE 通話&音楽を楽しめる Bluetoothミニフォン GH-BHMPAGREEN HOUSE 通話&音楽を楽しめる Bluetoothミニフォン GH-BHMPA
(2012/07/10)
グリーンハウス

商品詳細を見る



これはBluetoothを使って通話や音楽再生ができるという子機。
クリップつきの携帯の形をしているのが素晴らしい。
※ただしメールなどは不可。


なんでこんな記事を書いたかと言うと
DELLSTREAKを検討したころから
Tablet + Bluetoothキーボード + Bluetooth子機 = 最強
と常々思っていたから。その時は物が無かったが今もそう思っている。


要求はこんな感じ。

Tabletに求めるもの
 メールの返信
 調べもの
 Twitter、Facebok、Lineへの書き込み
 文章、スライド作成
 寝転がって漫画

Bluetooth子機に求めるもの
 通話
 メールの受信確認、内容確認
 その他SNSの通知、内容確認
 音楽の再生
 録音
 ※ディスプレイはモノクロで良い。
 ※子機はできれば1万円以内。6k切れば土下座しながら買う(無茶価格)。

Bluetooth子機は首からかけておいて、すぐに通話やメール確認はできる。
最初から耳にかけるのは外観的にアウトだし、腕時計だとカッコいいかもだけど正直イヤホンコードが面倒。
子機なら携帯2台持ちしなくていいし、通信費用もまとまる。
文章書きたけりゃキーボードを出してサクッと作れて重さは現状でも0.8kg以内で収まる。
タブレット500g、キーボード250g、子機50gと考えりゃウルトラブックと変わらんなぁ。
でもタブレット本体が500gを切っていることに意味がある。。。気がする
これは使用者によるけど、自分の場合はノートPCの形してたらもはや3kgとかあってもいいんですわ。
落ち着いて作業するならデスクトップでやりゃいいわけだし。

紹介している商品もあと一歩って感じなので満足するのが出たら飛びつきたい。
タブレットは軽量化が進んでさらに大画面になると世界が変わる気がする。
ONKYOが21インチタブレットとか未来走ってるね。5kgもあるけど。
ムーアの法則に則って技術すすめー。
"more Moore" ですよ。

勢いで書いちゃったけどまぁいいや。
んではー ノシ
半沢直樹おもしろい
原作読まずに2期待ち。

子機の価格は書いてるやつの2倍くらいが普通だよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://6roku.blog61.fc2.com/tb.php/167-1f948147

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。